Music

オススメの(というか最近好きな)邦楽 – 女性ボーカル編

父親の影響もあって小さい頃から洋楽を聞いて育ったんだけど、いろいろ幅広く手を出して現在に至る。
でも自分の中で音楽ってのは、Led Zeppelinに始まりLed Zeppelinに終わる、というくらいにLed Zeppelinが好き。とにかく好き。ボンゾのドラミングが好き。ジョーンジーの足ベース+オルガンとかが好き。最初の四枚よりPhysical Graffitiが好き。ってくらいにLed Zeppelinが好きだけど、雑多に色々聞くわけです。邦楽も含め。
というわけで、最近作業中とかによく流したりする「邦楽」を淡々と並べてみる。

実は結構女性ボーカル好きなので、女性ボーカルから。

GENKI ROCKETS | OFFICIAL WEBSITE

テクノポップぽいユニット。Never Everはピアノとボーカルのみのしっとりとした曲調だけど、基本はアップビートでテクノなバッキングって感じの曲調が多い。ユニット名の如く元気になれます。
Never Ever

School Food Punishment – Wikipedia

テクノっぽいバックに乗っかる女性ボーカル。変にエモーショナルじゃないとこが良い感じ。
Goodblue

Future Nova

*noodles official web site*

女性のスリーピースバンド。スリーピースって結構音が平べったくて薄くなっちゃう印象があるけど、実力のあるスリーピースバンドはきっちり聞かせる。なのでスリーピースって結構好きだったりする。SKINっていう曲も良いのだが、最近消えちゃったのでこちら。
HUSH BELL

ecosystem | SonyMusic

現在スリーピース構成になっているバンド。ガチャガチャしてなくてまとまってる感じが良いなーと。
境界線

Che-a (CheaCheaChea) on Twitter

ドラム、ベース、キーボードのスリーピース。リズムがタイトでそれに乗っかるキーボードとボーカル。こういう編成も好み。あと鍵盤のアプローチが個人的に好み。
Pandora

BEAM

相対性理論 (バンド) – Wikipedia

言わずと知れた「相対性理論」。きっちりタイトなリズムときめの細かいバッキング、それに乗るやくしまるえつこのけだるいボーカルと人を喰ったような歌詞で彩られる世界観。このアンバランスさが絶妙な音を生み出してると思うんだなー。たるい感じがすごく良い。
人工衛星

バーモント・キッス

PARIS MATCH – パリスマッチ オフィシャルウェブサイト

スタイリッシュな二人組ユニット。ジャンルを超えた音作り、曲作り。ラウンジやカフェ風BGMとしても最適だしドライブにも合うし、とてもおしゃれでかっこいいですね。
Metro

男性ボーカル編に続く。

4 Comments

    1. tomguitarbikeさん

      ですね、かたちにしたいです。っていうか、まずはスタジオいかないとねー。
      School Food Punishmentおすすめですよ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *