Stationery

STAEDTLER avant-garde

文房具マニアなんですよ、実は。文房具見てるのも使うのも好きで。
主にペンと万年筆とかノート、メモ帳。手帳はそんなでもないけど、MOLESKINEを今年は愛用中で。

STAEDTLER avant-garde
STAEDTLER avant-garde

文房具マニアとしてひとつ言えることがあって、それはデザインは海外、けどインクは日本、っていうのがベストな組み合わせかなと。今のところ大好きなインクはやはりジェットストリームなんだけど、どうしても海外製のペンと組み合わせるのがうまくいかなかった。例えばLAMYのNOTOとかデザインは最高なんだけど、インクがダメダメで。でもこれにジェットストリームの替芯を仕込んだりするのはどうしても改造が必要で、ちょっと億劫だった。で、最近ジェットストリームのマルチペンが好きで使ってるんですが、他人とよくかぶるんだよね。使ってる人が多くて。あの人もこの人もジェットストリーム。まあカラーがパープルなのであまりかぶりはしないんだけど、どうも、ねえ。
で、LAMY2000とか、前から気になってて。でも問題は替芯だな…と思ってたら、なんとこのペンに合う4C規格のジェットストリームの替芯が去年にリリースされていた。三菱鉛筆さんやってくれました!
でもLAMY2000はシャープペンが入ってないんだよね。なおかつ4C規格のジェットストリームの替芯のラインナップって、緑色がないので、四色じゃなくなってしまう。

で、なんか微妙だなーと思っていたところに、そういえばステッドラーもアバンギャルドっていう多機能ペン出してたよなーと思いだしてちょっと調べた。

すると、三色プラスシャープペンという構成だということに気づいて、これは自分の望んでいるラインナップだと思い早速買おうと思い立ってぽちっと。あわせてジェットストリームの替芯も。



0.7mmもあるんだけど、個人的には0.5mmが好きなのでこれでOK。届いて早速付け替えて(オリジナルのインクはあまり良くないけど一応スペアってことでとっておいてある)、つかってみるとあのぬるぬる書ける感触が手元に。ペンのデザインも、写真で見るより全然スマートでスリックでスリム。黒は他の色と違ってちょっとざらついた処理がされてるんだけど、それもなかなか良い感じ。色で言うとブルーと黒で迷ったけど、ちょっと精悍な感じのする黒にした。
中で芯同士が触れ合ってカチャカチャ音をたてるし、ペン先が少し動くので書くたびにノイズが出るけど、基本的にボールペンなんてそんなものだと思っているので全然気にしていない。それより芯を替えたことで手に入れられるあの素晴らしい「ぬるぬる感」はやはり何物にもかえがたいので、LAMY2000もしくはステッドラーのアバンギャルド買う人は絶対に4C規格の日本製替芯に替えて使うことを強くおすすめ。
最高です。もちろんパープルのジェットストリームも毎日使ってます。それとLAMYのSafariも黒を毎日使ってます。車はイタリアやフランスのラテン車が好きなのに、文房具はなぜかドイツ製が多い。

2 Comments

    1. >tomguitarbikeさん
      文房具好きでねー。ほんとに。
      なのでこないだのパープルのジェットストリーム見つけてもらって本当に感謝なのですよ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *