Stationery

2016年の手帳

スケジュール管理とか何でやってますか?手帳?
自分は基本的にはGoogle Calendarなんだけど、やっぱりアナログの書き込み手帳も一応用意する。
そんな季節になりました。

で、来年の手帳。毎年手帳は新調するときもあればしないときもある。Quo Vadisが一番好きなんだけど、結局アナログの手帳ってあまり書き込まなかったりするので、もったいなかったりする。というか、自分の中でいまだに有効な手帳術的なノウハウが取得できていないっていう。
ただね、手帳術って何か宗教みたいじゃないですか。すごい何か崇高な何か的な雰囲気で色んな本やら雑誌やらが出て「俺の手帳術はこうだ」とか「どこそこのカリスマ営業マン・ウーマンの手帳術」とかもうそれだけで疲れちゃうしうさんくさいというか。結局手帳術的ノウハウがないまま手帳を選ぶと結局何も書かないまま終わるという。まあスケジュールとかタスクは全部Google Calendarに書き込んじゃってスマートフォンで見てるんだけど。
一つだけ手帳術というかメモ術というか自分の中で確立されているノートテイキングテクニックがある。適当な手帳もしくはノートを選んで、日々暮らす中で目にする言葉とか文章、メモ、その他をその一冊に書き込むというシンプルなもの。ただそれだけ。それはそれで長く続いている。それでいいじゃんとも思うんだけど、なぜか手帳に目がいってしまうのだ。手帳が羨ましい。悩ましい。

というわけで来年の手帳は自作した。超簡単手帳。
要は月別カレンダーシールを、各月初めにノートの各ページに貼る、という簡単仕様。ノートはアピカのプレミアムCDノートのA6。それをキングジムノートカバーA6に収めた。



雰囲気としてはこんな感じ。
この月別カレンダーシールを、左側ページに貼り付ける。
DSC_0852
貼り付けるのは必ず左側、右側ページからは適当に日時を書いて、その日付のメモやスケジュール、なんでも情報を書き連ねる。その際は三色ボールペンで色分けするとわかりやすいかも。
例えば…
 赤=仕事
 青=プライベート
 黒=メモ
といった具合。
DSC_0850
そしてノートをキングジムノートカバーに収納。意外とピタリとハマるけど少し遊びもある。
DSC_0851

まあこんな感じで自作しました。しかし、早くもメモしない病に悩まされるのであった…もう手帳持つのやめてGoogle Calendar一択にしろよ。てか、自分の環境だとあまり手帳使わないからやっぱりこれまでずっと実践しているノート術で良いんじゃないの?と思う夜でした、とさ。

2 Comments

  1. こんばんは。わたしも確かに、ビジネス色や自己啓発色の強すぎるものは嫌いです。野心手帳なんていうのもありましたね。「こうなったらいいな」ってのをランダムに書くだけの手帖(わたしが買ったのは数百円のノート)があるんですが、本読んでギリ「自己啓発ではない」と判断して。ちょっと引き寄せっぽかったですけど。本ちゃんの手帳はtransniperさんと同じように、TodoなんかはPCで管理して、後で「こんなことがあったなあ」みたいな手帳にしたいかなと。

  2. >hirokoyoshidaさん

    コメントどうもです。
    野心手帳…すごいタイトルだ。
    最近気になってるのはどうでもいいんですがStar Wars好きなのでMoleskineのSW Editionでしょうか。
    結構高いんですよね。でもそういう高いノートにどうでもいいことを書き連ねてどんどんためていくっていうプロセスが好きで。
    後で見返してみるとなかなかおもしろいことになってたりします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *