旧日本軍関連翻訳に役立ちそうな情報

実にニッチな分野ではあるんですが。ここんとこやってた仕事が歴史系のもので、戦時中の記録に関するものだったので、重宝したサイトを備忘録代わりに。

まずは旧日本軍の組織について。
大本営が何を意味するのか、最高指揮官は天皇でとか、陸軍と海軍の指揮系統の確認などに役立った。旧日本軍て陸軍と海軍の縄張り争いと張り合いが半端無くて、それがゆえに先の大戦ではさっさとああいうこと(出さなくても良かった大量の犠牲者を伴う敗戦)になったんだろうなと思う。
日本陸海軍の組織

そしてその旧日本軍の組織を英語で説明したハンドブック。色々な機関名や指揮系統に関する英語呼称をこれで確認できる。
HyperWar: Handbook on Japanese Military Forces

多分この本のことだと思う。なぜかWebで全部公開されている。
[amazonjs asin=”0807120138″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”Handbook on Japanese Military Forces”]

旧日本軍軍人のデータベース。読みに活用。旧日本軍の上級士官などの読みはここで確認できる。これも重宝した。
サクラタロウDB

自衛隊の階級呼称。旧日本軍ではないんだけど、現在の自衛隊階級について英語呼称も合わせて紹介されている。ここを参考にして訳文作ったりした。
自衛隊の階級呼称(英語表記) | タームワークス

海上自衛隊の部隊名と機関名の英語呼称(PDF)。海上自衛隊における部隊名と機関名という実にニッチな情報。旧日本軍と海上自衛隊を比較した部分で非常に役立った。
www.clearing.mod.go.jp/kunrei_data/e_fd/1975/ez19750813_03614_000.pdf

ミリオタネタみたいになっちゃってるけど、これらはこれらで非常に重宝したのでエントリにまとめて、類似案件来た時に参照できるようにしておく。
まあ好きですけど、この手のもの。否定しません。

追記
コメントで医療機器翻訳者のSayoさまより、この分野で役立つウェブサイトの状況提供を頂いたので、追記しておく。
こういう横断的な情報提供はとても助かる。情報提供いただいたSayosさまに心より感謝する次第。

Imperial Japanese Navy Page。旧帝国海軍に関する英語のウェブサイト。アップデートも逐次されており、情報量豊富。
Nihon Kaigun

海軍航空隊編成。一見地味な情報ではあるが、とある部隊のある兵士の証言を訳す、とかそういう特殊な状況では、その兵士の軍事的背景の理解に(特に所属部隊とその指揮系統などを理解する時に)威力を発揮するかと。
海 軍 航 空 隊 編 成

日本陸海軍事典。旧帝国陸海軍に関するデータベース。いついつの元帥は誰々で、とかそういう情報を検索・確認することができる。背景を知るのに最適。
日 本 陸 海 軍 事 典

航空軍事用語辞典。航空だけに限らない軍事関連用語の確認に威力を発揮。
FrontPage – 航空軍事用語辞典++

Twitterで@chiruruさんよりご提供いただいた情報。太平洋戦争の全記録を英語でというウェブサイト。
56 Years Ago Today

Hatena Bookmark - 旧日本軍関連翻訳に役立ちそうな情報
Pocket
LINEで送る

Comments

  1. はじめまして。医療機器翻訳者ですが、かつて訳あって米国人が集めた日本海軍兵士の証言のまとめに協力する機会がありました。HyperWarは重宝した記憶があります。もう一度協力を求められない限り、私はもうこのテのものは(分野的にも)やらないかなと思いますが、当時よく参照したURLを残しておいたものがありますので、貼っておきます。もしも将来お役にたつことがあれば幸いです(既にご存じだったらすいません<裏取りいるものもあります)。お仕事内容外しておりましたらすいません。その場合は読み捨ててコメントは消してくださいませ。
    http://www.combinedfleet.com/
    http://gunsight.jp/b/1/kai-hensei.htm
    http://homepage1.nifty.com/kitabatake/rikukaiguntop.html
    http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php?FrontPage

    1. Sayoさま

      非常に貴重な情報をありがとうございます。
      航空軍事用語辞典++以外は初めてで、特にImperial Japanese Navy Pageはきっちりアップデートもされていてすごい情報量ですね。
      このエントリは自分の備忘録用なので、追記の形で含めさせていただきます。
      Sayoさまは医療機器翻訳者さんなのですね。(産業翻訳者という枠での)同業者さんからのコメントは嬉しい限りです。
      ありがとうございます。

  2. 困難な状況の中、突然の質問ご容赦下さい。
    「サクラタロウの軍人データベース」には、私の曽祖父の代から血縁親族がかなり載っており重宝していましたが、数年前から見られなくなっている様子で、サイトの移転先を探しても不明です(2020年4月現在)。
    DBの行方など何かご存じでしたらご教示頂ければ幸いです。
    時勢柄、急いだりはいたしません。宜しくお願い致します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.