2016年に読んだ・購入した本たち

年明け最初のエントリが去年に関連したエントリという。とりあえず去年買って読んだ本、積ん読なってしまってる本とか、いろいろ。

まずはやはり色々と注目を集めている人工知能について。
けっこう眉唾ものの話も多いので、まずは人工知能についてきちんとした理解(一体全体どういうものなのか、現時点で何ができて何ができない、将来的にはどうなりそうか、とか)を得る必要があると思って選んだ本について。
[amazonjs asin=”B00UAAK07S” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”人工知能は人間を超えるか (角川EPUB選書)”]
[amazonjs asin=”B01IGUA00K” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春新書)”]
[amazonjs asin=”4532320631″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”人工知能が変える仕事の未来”]
三冊読んでみて思ったこと。この業界にいれば、確かに遅かれ早かれ、AIの影響を多大に受けるのは必至…ってのはもうわかりきっていることで、その時に生き残っていられる翻訳者として云々ていうよりも、業界としてAIというものとどう向き合っていくのか、対決するのか、共存するのか、利用していくのか、みたいなことを考えないといけないんだろうなと。それと、何も影響を受けるのは翻訳業界だけではなく、様々な業界そしていずれ人間の生活全般に影響を及ぼしていくのだろうなと思っている。あと、人工知能については、少し原発関連と似た印象を抱いていて、センセーショナルな雰囲気のものは避けて、ファクトベースなものを選んで読むようにした方が良いと感じた。今後も良さそうな書籍は読んでいきたい。

翻訳に関連したもの。
[amazonjs asin=”B01GMQZ4HE” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”翻訳で、稼ぐ!: 猫先生の実務翻訳ガイド”]
[amazonjs asin=”B01MTX3O0U” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”翻訳というおしごと~翻訳者に「未来」はあるか? アルク はたらく×英語シリーズ”]
上記の二冊は、今まで読んだ「仕事としての翻訳」についての本としては一番翻訳者の実情が分かりやすく解説されていたかなと感じた本。英語翻訳者の本がやはり多いけど、多言語の翻訳者の本も読んでみたいなと思っている。探そう。

[amazonjs asin=”478900354X” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”数の英語”]
[amazonjs asin=”4542402096″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”対訳・ISO/TS16949品質マネジメントシステム―自動車生産及び関連サービス部品組織のISO9001:2000適用に関する固有要求事項 ポケット版 (Management system ISO series)”]
[amazonjs asin=”4766420195″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ビギナーのための経済英語―経済・金融・証券・会計の基本用例320″]
[amazonjs asin=”4816320555″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”英語論文に使う表現文例集”]
[amazonjs asin=”481781165X” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”Q&A渉外家事問題対応の手引―主要法令・用語和英対訳付”]
[amazonjs asin=”4789015807″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”英語で日本文化の本 The Japan Culture Book”]
[amazonjs asin=”4384051832″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”和英:日本の文化・観光・歴史辞典 改訂版”]
[amazonjs asin=”4794600151″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”日本の料理 Japanese Cooking for Everyone【日英対訳】 (対訳ニッポン双書)”]
[amazonjs asin=”B0092PI94S” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”Japanese Farm Food”]
[amazonjs asin=”B00HXY96CO” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”A Dictionary of Japanese Food: Ingredients & Culture”]
[amazonjs asin=”4939076946″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”英文履歴書の書き方と実例集”]
[amazonjs asin=”4798048496″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”誤訳ゼロトレーニング”]
[amazonjs asin=”0226104206″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”The Chicago Manual of Style”]

社会勉強関連。
[amazonjs asin=”4334036449″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”もうダマされないための「科学」講義 (光文社新書)”]
[amazonjs asin=”4166601105″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”「社会調査」のウソ―リサーチ・リテラシーのすすめ (文春新書)”]
[amazonjs asin=”4480056858″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”日本人はなぜ無宗教なのか (ちくま新書)”]
[amazonjs asin=”4022608218″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”検証・カンボジア大虐殺 (朝日文庫)”]
[amazonjs asin=”4106104865″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”犯罪者はどこに目をつけているか (新潮新書)”]
[amazonjs asin=”B00E3J1T0O” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 ミクロ編”]
[amazonjs asin=”B019I5E24M” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”アメリカの鏡・日本 完全版 (角川ソフィア文庫)”]
[amazonjs asin=”B017B8EXVA” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”学校では教えない「社会人のための現代史」 池上彰教授の東工大講義 国際篇 (文春文庫)”]
[amazonjs asin=”B00UMLH6RM” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう 池上彰教授の東工大講義 (文春文庫)”]
[amazonjs asin=”B00QLR0ZMO” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”Google vs トヨタ 「自動運転車」は始まりにすぎない (角川EPUB選書)”]
[amazonjs asin=”4121016432″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”学習障害(LD)―理解とサポートのために (中公新書)”]
[amazonjs asin=”4087206165″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”発達障害の子どもを理解する (集英社新書)”]

小説・ノンフィクション関連。
[amazonjs asin=”B01G6E77AY” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”後妻業 (文春文庫)”]
[amazonjs asin=”B01FJTTTX0″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”夫以外 (実業之日本社文庫)”]
[amazonjs asin=”4122062136″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”怒り(上) (中公文庫)”]
[amazonjs asin=”4122062144″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”怒り(下) (中公文庫)”]
[amazonjs asin=”B00LVMWO5K” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”私は魔境に生きた 終戦も知らずニューギニアの山奥で原始生活十年 (光人社NF文庫)”]

Hatena Bookmark - 2016年に読んだ・購入した本たち
Pocket
LINEで送る

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.