最近読んだ・読みたい本

怒涛の10連休も終わりました。結局読みたい本とかあっても普通に読めなかった。まあ良い。自分のペースで読み進めていこう、積読恐怖症になりそうだけど。

今回は小説。

東京ワイン会ピープル。最近ワインが美味しくてよく飲んでるんだけれど、安いやつ専門で。そんな折に目に止まった小説。主人公のOLがワインにはまり、ワインにハマっているいろんな人に出会い、そこにワインの澱のごとく貯まっている人間のいろいろな感情に触れる…みたいなお話。高いワインが飲みたくなってしまった。

トッカン。税金のお話。というか主人公は税務署の徴収官。税金にまつわる人間模様。まったく期待せずに読んだんだけど、登場人物に引き込まれ、脱税しようとする徴収対象者たちに引き込まれるうちに、読み終わっていた。ストーリーもテンポよく展開し、続編を読みたくなった。税金とは切っても切り離せない労働者なので、税金のことをもう少し勉強しようと思った。

アガサ・クリスティは恥ずかしながら「そして誰もいなくなった」しか読んだことがないので、どこぞの記事で話題になっていた「春にして君を離れ」を何も考えずにポチった。今読んでいる途中。なんというかすでに主人公のイタさが感じられて良さげな作品です。

火星の人。映画が公開された頃に買っていたのにまだ読んでいなかった。今回の連休中に読み終わろうと思っていたんだけど、読み進めている途中。火星に置き去りにされた主人公、さぞ絶望的な雰囲気なのかと思いきややたらポジティブで読んでいて楽しい。ストーリー自体は大変に絶望的なのに。いろいろな科学技術・宇宙科学技術などの知識やらが出てくるが、あまりわかっていなくても読み進めることができるのは翻訳がいいからか…原書も興味出てきた。

みんな大好き星新一。日常からスッと離れることができる。そして時折、今の世の中を予見していたんだろうかとも見紛うセンテンスが出てくるのでやめられない。全部読みたい。一度読んではいるけど。星新一を知ったのは中学一年の頃。なぜか授業を休みにした社会科の先生が、突然「今日はほんの読み聞かせをします」と言って読み出したのが「ボッコちゃん」。そこから読み出したのを覚えている。

Hatena Bookmark - 最近読んだ・読みたい本
Pocket
LINEで送る

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.