bookmark_borderKindleでいろんな本を。

Kindle買ったんだけどまだ届かない。スクリーンフィルムだけ11月中頃に届きましたけど、でっかい箱で。
とりあえずKindleで読みたい本を色々と漁ってみたので、リストアップしとこうかなと。洋書多し。
あ、あと、ここのリストは特におすすめ本ってわけじゃない。読んでないのでわからないし。読みたいかも的本をリストアップしてあります。
[amazonjs asin=”B00CTUMNAO” locale=”JP” title=”Kindle Paperwhite(ニューモデル)”]
Continue reading “Kindleでいろんな本を。”

bookmark_border職探し中の知人へ

かれこれ半年近く職探しをしている知人女性がいる。

外資系自動車関連の会社で事務をやっていたその知人は、仕事の一部として社内マニュアルや技術ドキュメント系の翻訳(英日)もやっていたようで、在宅翻訳者としての仕事に興味があったみたい。で、一応フリーでやってる自分のとこにも色々聞きに来た。まあこの仕事してると、「在宅フリーだと自分の決めた時間内で仕事ができて楽そう」とか「通勤がないのは楽そう」とか「会社員より楽そう」とか「変な人間関係がなさそうで楽そう」とか、とにかく「楽そう」と言われることが多い。どんな仕事にも「楽な」仕事なんてないんだけど。まあそういう事言われるのはもう慣れてますけどね。

件の知人女性も、在宅フリーで翻訳=自分で仕事量・仕事時間をコントロールしてお仕事できるかも、なんて思っていたようにこっちには思えたので(プラス、憧れとかステータス性なんかも)、とりあえず経験による現実的な回答をさせてもらった。でもこの手の話は、フリーで翻訳やっている人にとってすればもう基本中の基本部分(人によってはうんざりする内容)だったりする。なので、実に初歩中の初歩的な内容なんだけど。で、まあ質問っていうか、ざっくりと「在宅翻訳者ってどんな感じ?仕事とかどうやって取っていけばいい?仕事が集中しちゃったらどうするの?苦手・未経験な分野のしごとが来たらどうするの?」みたいなことを聞かれたので、とりあえずこっちもざっくりと自然に自分の経験も踏まえて下記のように答えていった。あまり益のある内容でもないので恐縮だけど、思い出したら追記していくかも。まあ読み流すかここで読むのやめても全然OK。
Continue reading “職探し中の知人へ”

bookmark_border翻訳者のためのいろんな音楽サービス

賛否両論あると思うけど、仕事中は一定の「音」が鳴ってたほうが集中できるタイプのようで。って言ってもある程度音量絞って、ジャンル絞ったりしてるんだけど。
というわけでよく使うWeb上の音楽系サービス、自分の備忘録+シェア目的でリンクを次々張ってみようかと。ただ貼っていくだけです。そんなに使い込んでたりするわけじゃないので、詳しい使い方とかは省略ってことで。
Continue reading “翻訳者のためのいろんな音楽サービス”