Translation

SR-G9003をWindows 10で使う

もうあきらめていたんですけど。

翻訳者にとって辞書は超絶重要な作業道具。最近では紙媒体のものより圧倒的にPC上で使用できる電子媒体(CD-ROM等)での使用になってきていると思うけど、自分が今までメインで使っている辞書環境はセイコーインスツルのSR-G9003という、いわゆるエンジニア向けの電子辞書だ。購入する前に散々悩んで、収録コンテンツと自分の案件状況を比較するとこの電子辞書がやはり良いということで購入を決めた。この電子辞書はPCに接続して、PC上にインストールしたPASORAMAという専属の辞書検索ソフト上で使用することができる。

購入当時の自分のメインPCのOSはWindows XPだったので、使用に問題なく快適にPASORAMAを使っていた。が、そのあとPCを新調してOSはWindows 8.1となり、PASORAMAをそれまでと同じようにして使おうとしたら無理だった。PASORAMA自体のインストールとSR-G9003自体が認識されなかった。いろいろなブログや情報を探って試したみたのだが、結局ダメで使えなかった。しょうがないので、XPのままのサブノートで使っていた。でもそれだと、SR-G9003を使うときには必ずサブノートの方に移らないといけないので、何かと億劫で結局は単体で使うようになった。だが、単体だとこの機種は少し動きが遅い。不便だがなかなかどうしようもなく、ずっと単体で使用していた。OSをWindows 10にアップデートした時も、すでにPASORAMA使用はあきらめていたので、何もしなかった。

だけど不意に思いついて、SR-G9003をPCに接続してみた。通常のPASORAMAインストールは、本体内にもともと入っているPASORAMAのインストールファイルを実行して行う。今回もそこまではうまくいった。しかし本体をPCにUSB接続してPASORAMAモードにしても、Windows上ではSR-G9003自体がデバイスとして認識されず、PASORAMAを起動しても「本体をPASORAMAモードにしてください」という無情なメッセージが出るだけ。どうやらSR-G9003のデバイスドライバをきちんとインストールする必要があるらしいのだが、デバイスと認識されない以上、本体を使用したドライバのインストールは厳しそう。やっぱり無理かと思ったところで、念の為にSIIのサイトでPASORAMAやドライバファイルがアップデートされていないか確かめてみた。そしたらあったんですよ、最新ドライバが。
PASORAMAインストール方法(SRシリーズ)|SII電子辞書

ここで該当するファイルをダウンロードして、解凍し、SR-G9003をPCにつないでPASORAMAモードにしたまま、PASORAMAをインストールした。このときに多分ドライバもアップデートされたようで、エクスプローラで「不明なドライバ」と表示されていたのが、PASORAMAと表示され、無事SR-G9003がOSに認識された。そしてあっけなく使用できるようになりました。今のところ問題なく動いています。

SR-G9003の収録コンテンツを、翻訳作業をしているPC上で同時に検索できるのはとてもありがたい。まだまだ現役で頑張ってもらいます、SR-G9003には。

今暇だけどね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *