本屋について

本屋が好きである。ふらっと入る街角の小さな古本屋。仕事で必要な資料的な書籍を狙って入る大型書店。いずれにしろ自分にとっての本屋とは、探検家にとっての洞窟、みたいなものなのである。