外国語より表現力が豊かな言語であるという幻想

こないだ髪の毛を切ってもらっていたときの話。

隣のご婦人が、美容師さんと会話していたのが聞こえてきた。何でも品の良さそうなそのご婦人、「英語とかスペイン語に比べて日本語は表現力が豊かでしょ?だから、日本語をぺらぺら話しているハーフタレント、すごいと思うのよね」

二度見しそうになったが辛うじて堪えた。即座に疑問が頭に浮かぶ。

英語とかスペイン語に比べて日本語は表現力豊か?ということはご婦人、英語とスペイン語に堪能であられるのだろうか?ということは、英語やスペイン語は表現力が乏しいのか?日本語をぺらぺら話しているハーフタレントはすごい?基本的にハーフは日本語力が弱いと?そもそも貴方様のおっしゃる「ハーフ」の定義は?メディアに出ている一般的な「ハーフタレント」とはどういう方々を言う?日本語をペラペラ話せるとすごい?貴方様の日本語力はどうなのだろうか?

これくらいにしておきますが、兎にも角にも、それくらいのクエスチョンがクエスチョンマークと一緒に頭に浮かんだわけです。

このご婦人の主張を耳にして、これまでにお会いしたことのある「日本語は外国語と比べて表現力が豊かである」という主張をする人たちのことを思い出した。そう仰る皆さん、かなり自信満々で「日本語は、習得が困難で表現力が豊かな、類稀な言語」と主張される。そして「外国人にとってはとても大変ですよ、日本語を身につけるのは」と仰っていたのが印象的。ちなみに皆さん、外国語学習・習得経験についてはまちまち。中高でやってた英語くらいの人もいれば、大学で第二言語として英語以外の言語をやっていた人もいれば、特に何もやっていない人。まあいろいろです。

「なぜ日本語は表現力が豊かだと思われるんですか?」と尋ねたことがある。「日本語は、ものの形容や様子、状態を表す言葉や擬音語が多い」とか「日本は四季があるため、それらを説明する言葉が多い」とか、まあそんな感じの答えが返ってきた。だけど「表現力が豊か」と主張するには、日本語以外の別の言語と比較して、という条件が必要だ。実際に比較したことがあるのだろうか?と思い、英語学習歴が長い人に聞いてみた。英語と比較すると、日本語は表現力が豊かだと思います?と。

返ってきた答えは、まさに定番中の定番アンサーだった。

「英語という言語は、イエスかノーか、白か黒かをはっきりさせたがる文化から来ているので、基本的に直接的であり、日本語のような主語を省きボヤかせた曖昧な物言いには向いていない。また、英語のコミュニケーションは、基本年齢などに依存しないため、カジュアルなものが好まれる。対して日本語には、敬語、丁寧語、謙譲語と、バラエティに富んでおり、繊細な感情や情景を表現するのに適している。英語には敬語など存在しないし、繊細な物言いをする必要がないので、やはり直接的な言い回しになる」

要約すると、「ダイレクトなコミュニケーションが好まれるため、英語には直接的な言い回しが多く、敬語はないが、日本語は曖昧で繊細な表現をすることが求められるので、敬語などバラエティに富んでいて表現力が極めて高い」ということか。で、美容室のご婦人の主張も、自分がこれまで会ったことのある「日本語表現力高い」主張をされていた方々の言っていることと合致するのかもしれない。いわゆる「そういう系」の考え方が根底にあったのかもしれない、そのご婦人にも。

だがしかし、である。

本当に英語は直接的な言い回しが多く、なおかつそれが好まれるのだろうか?英語に敬語はないのか?

「英語を勉強してきた」というより「英語で勉強または仕事をしてきた」という方たちならおわかりでしょうけども、まったくもってそんなことはないです。ただただひたすら、英語は「直接的な言い方もできる」というだけで、「直接的な言い回しが多い」わけでも「敬語がない」わけでもないです。婉曲表現もあるし、丁寧な言い方もあるし、ワンクッション入れてソフトな印象にする表現やフレーズもある。

例えば、Soft expressionsというものがある。それこそ「直接的でヘビーに聞こえる表現をソフトに和らげる表現」だ。例を以下に挙げる。

be economical with the truth = to lie
the little boys’ room/the ladies’ room = toilet
pass away/did not make it = to die
between jobs = unemployed
on the street = homeless

クッションを効かせる言い回しも。

If you don’t mind…
If it’s not a problem…
When you have a moment…
By any chance…

まあ色々あるんですよとにかく。Help me!! というのだって丁寧に言えば、

Well, um, I really hate to bother you, but I wonder if you would mind helping me just for a moment, as long as it’s no trouble, of course…

みたいな。でもこういうのって結局の所日本語でも同じなわけで。直接的に言おうとすれば直接的に言えるし、きちんとクッション効かせて婉曲表現使って話すことも可能っていう、ただそれだけのことですね。異なる言語を比較して、お互いの優劣を決めるみたいなことはナンセンスです。言語は思考。言語は文化。言語は権利。だから外交の席とかではかならずプロの通訳置くじゃないですか。言語を比較してどっちが良いというのはほんと意味ないっす。

ご婦人にこういうことを伝えたいなーと瞬時に思ったんだけど、美容師の対応で溜飲が下がった。ご婦人の「日本語って表現豊かでしょ?日本語をペラペラ話せるハーフタレントはすごいと思うわ」に対し、こう答えていた。

「表現豊かなのはどの言語も多分一緒だとは思いますけどね…だってその国その国の良い部分があるわけで、それを説明する言葉だって絶対あると思うんですよ…あとまあハーフタレントは、メディアに出てくるような子は、そりゃ日本語話せると思いますよ、でないと仕事にならない(笑)。あと、あえてのタメ口とかだと思いますよ、帰国子女感だしてメディア受けする、みたいな。日本てハーフはタメ口、みたいな暗黙の了解あるじゃないすか。俺の友達にも帰国子女いますけど、ああいうなんでもタメ口でOKみたいなやつはいないなあ…」

はい、もう何も言わなくてもOKです、完璧です!と心のなかで拍手喝采しました。お疲れさまでした。

ちなみに(今回のトピックに関して)、これまで読んで個人的に良かったなと思う本を以下に。参考にしてみては。


Hatena Bookmark - 外国語より表現力が豊かな言語であるという幻想
Pocket
LINEで送る

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.