歴代神漫画3選

小説も好きですが、漫画も好きです。

古いものから新しいものまで、漫画は好きなのである。そしてとても幅広く好きなのである。そんなことを思っていた矢先(思っていたのか)、こんなツイートが飛び込んできました。


これは乗ってしまうしかないであろう、このビッグウェーブに。ということで、もともとの発端のaoさんのブログもチェックしつつ、自分なりの3選を。

…の前に。お二方のセレクションの中に自分の好きな作品がありました。

まず未来堂さんチョイスのBanana Fish。これは懐かしいです。高校の頃に出会って貪るように読みました。本屋で探すと少女漫画の棚にあるんだよね、たいてい。ちょっと気恥ずかしかったけどそんな気持ちをふっとばすぐらいの素晴らしい作品です。アニメ化もされてますね。

 www.amazon.co.jp
BANANA FISH | 動画 | Amazonビデオ
https://www.amazon.co.jp/%E7%AC%AC%E4%B8%80%E8%A9%B1-%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%81%AB%E3%81%86%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A4%E3%81%91%E3%81%AE%E6%97%A5/dp/B07F7HCNQT/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1533730580&sr=8-1&keywords=Banana+Fish

マスターキートンも外せない…ツイートもしてリプもくださいましたが、パイナップルアーミーもミリタリー色強いけど、マニアックに過ぎない本当に良い作品。ジェド豪士に男の優しさを見る。
[amazonjs asin=”4091929036″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”パイナップルARMY コミック 文庫版 全6巻完結セット (小学館文庫)”]
それからaoさんのスラムダンク。まあ世代です、ど真ん中。7巻の三井がバスケ部に帰ってくるエピソード、罪をひっかぶる桜木軍団。各キャラの個性が際立っていて、バスケ漫画にとどめておけないぐらいの作品だろうなと。

というわけで自分的歴代神漫画3選行ってみる。

第三位。
横山光輝:「水滸伝」

[amazonjs asin=”4267905568″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”水滸伝 1 決定版 (新装版)”]
横山光輝と言えば三国志だろ!?鉄人28号じゃね!?という声は置いといて、ここは水滸伝。梁山泊へ集まる腕に覚えのある、様々な過去・経験を背負った豪傑たち。林冲、鉄牛、女性頭領の一丈青扈三娘、軍師の呉用。そんな一人一人の物語にいつしか引き込まれていくわけです…。まえに全巻持ってたんだけど、また買い直そうかな。

 

第二位。
エルジェ:「タンタンの冒険旅行」

[amazonjs asin=”4834009254″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”黒い島のひみつ (タンタンの冒険)”]
これは小学生の頃からずっと好きで。日本の漫画にはない小洒落た雰囲気とコミカルさ、テンポよく進んでいくストーリー、タンタンを取り巻く魅力的な登場人物。これも全巻そろえたい。一押し巻は、やはり「レッドラッカムの宝」か。
[amazonjs asin=”4834009521″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”レッド・ラッカムの宝 (タンタンの冒険)”]

 

第一位。
さいとう・たかを:「ゴルゴ13」

[amazonjs asin=”4845835169″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ゴルゴ13 189 G13ファイル (SPコミックス)”]
説明不要じゃないですかね、このプロ中のプロ、デューク東郷は。ストーリーがいつもその時代その時代でホットなトピック、政治・経済、宗教、技術、ビジネス、環境、いろいろなものを取り扱ってくるので、読んでて本当に飽きない。ゴルゴの仕事に対する姿勢から自分自身学ばされることも多々ある。利き腕を相手に預けるほど俺は自信家じゃない…とか(違)。

というわけで、自分で悩みに悩んで選びぬいた3選だったけど、かぶらないかもしれないですね、これは。どれも本当におすすめなので、ぜひ読んでみてください。

…まだ終わらない。もう少し紹介したい漫画があるので以下に。

 

佐々木倫子:「Heaven?」
[amazonjs asin=”B00BHTT1A8″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”Heaven?〔新装版〕(1) (ビッグコミックス)”]
立地は墓地の中、ド素人ばかりのスタッフ(個性的で面白い連中)に、謎だらけでワガママ女のオーナー。驚異のフレンチレストラン「ロワン・ディシー」を舞台に繰り広げられるドタバタストーリー。読むとちょっと元気が出るかも。

 

手塚治虫
[amazonjs asin=”B00JPXE8T2″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ブラック・ジャック 1″]
[amazonjs asin=”416775701X” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”新装版 アドルフに告ぐ (1) (文春文庫)”]
この2つは外せない手塚作品。特に「アドルフに告ぐ」は一気読み必至。

 

名香智子:「マダム・ジョーカー」
[amazonjs asin=”4575332933″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”マダム・ジョーカー 1 (ジュールコミックス)”]
ご近所さんとの揉め事も、人づきあいの面倒くささもすべてお金で解決。爽快。

 

藤子・F・不二雄:「SF・異色短編集」
[amazonjs asin=”409143472X” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”藤子・F・不二雄大全集 SF・異色短編 1″]
[amazonjs asin=”4091434800″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”藤子・F・不二雄大全集 SF・異色短編 2″]
[amazonjs asin=”4091434908″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”藤子・F・不二雄大全集 SF・異色短編 3″]
[amazonjs asin=”4091434983″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”藤子・F・不二雄大全集 SF・異色短編 4″]
SFってあるんだけど、作者によるとこれは、「少し・不思議」という意味なのだそう。藤子・F・不二雄は名作揃いだけど、この四冊は絶対におすすめ。

というところで、とりあえず今回は。また厳選して次回。

Hatena Bookmark - 歴代神漫画3選
Pocket
LINEで送る

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.